日々の雑記

自分がやったことを記録するの。

Raspberry Pi2 + Ubuntuでの設定

備忘録。





準備

microsdに焼くためのイメージファイルを取ってくる。


UbuntuMATEはここ

普通のUbuntuここのDownloadから。

Windowsでイメージを焼くため、Win32DiskImagerを利用する。
ここからダウンロード。

イメージファイルを焼き終わったらsdをRaspberryPiに挿して電源を入れる。



ssh導入

まずはログイン。

Ubuntuの場合、
user;ubuntu
pass:ubuntu

Ubuntu MATEの時は起動後にGUI画面から自分で設定できたので省略。


コマンドライン上に

sudo apt-get install -y vim ssh

と入力してssh通信できるようにする。

vimはエディタなので必須ではない。


追記

sshはopenssh-serverでもいい。というかそっちの方が標準っぽい?
OpenSSH Server

sshが入ったらログアウトして

パソコンからRaspberryPiにアクセスする。
パソコンからログインした方がコピペできるから便利。



設定

パソコンからのログインにはXfinderを使うと便利。
xfinderの利用方法 | OpenRTM-aist



はじめに容量をチェックする。
デフォルトだと、

ubuntu@ubuntu:~$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root       3.5G  3.4G  160M  96% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M   92K  463M   1% /dev/shm
tmpfs           463M  6.8M  457M   2% /run
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1   64M   20M   45M  31% /boot
tmpfs            93M   24K   93M   1% /run/user/1000

のように使える容量が小さいため使える部分を広げる。


fdiskコマンドを使い、以下のようにする。

ubuntu@ubuntu:~$ sudo fdisk /dev/mmcblk0

Welcome to fdisk (util-linux 2.26.2).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.


Command (m for help): d
Partition number (1,2, default 2): 2

Partition 2 has been deleted.

Command (m for help): n
Partition type
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended (container for logical partitions)
Select (default p): p
Partition number (2-4, default 2): 2
First sector (133120-62333951, default 133120):
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (133120-62333951, default 62333951):

Created a new partition 2 of type 'Linux' and of size 29.7 GiB.

Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Re-reading the partition table failed.: Device or resource busy

The kernel still uses the old table. The new table will be used at the 
next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8).


空白の部分はEnterで飛ばしている。



次に

sudo reboot now

で再起動して、

sudo resize2fs /dev/mmcblk0p2

で変更を適用。




結果として以下のようになる。

ubuntu@ubuntu:~$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root        30G  3.3G   26G  12% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M   88K  463M   1% /dev/shm
tmpfs           463M  6.8M  457M   2% /run
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1   64M   20M   45M  31% /boot
tmpfs            93M   24K   93M   1% /run/user/1000



わーい容量が増えたー




次にデフォルトだとどうにもパッケージのダウンロードに時間がかかるようなのでaptのサーバー設定を書き換える。

sudo vim /etc/apt/sources.list

から

Ubuntuは全消しして

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ trusty main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ trusty-security main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-security main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ trusty-updates restricted main multiverse universe
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates restricted main multiverse universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ trusty-backports restricted main multiverse universe
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-backports restricted main multiverse universe


Ubuntu MATEは

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ vivid main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ vivid main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ vivid-security main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ vivid-security main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ vivid-updates restricted main multiverse universe
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ vivid-updates restricted main multiverse universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ vivid-backports restricted main multiverse universe
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ vivid-backports restricted main multiverse universe

とする。




MATE使う時バージョン知らなくてtrustyでやったのもいい思い出。

Vim使うときはノーマルモードからddと入力すればまるまる一行削除できるので便利。
また、貼り付けるときはインサートモードじゃないといろいろずれた。





最後に

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

とかでaptを更新して終わり。

エラーはいたら/etc/apt/sources.listの設定ミスなので書き換える。


とりあえずここまで。



抜けがあったらまた設定しなおした時に追記。