読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の雑記

自分がやったことを記録するの。

Android SDKに触ってみる。

 

SSR楓さんが来たことによって、ここ最近はデレステに触ってる。

しばらくデレステしてなかったし、綺麗にスクショを取ろうかなーと。

 

そんな折、綺麗にスクショ撮る方法として、 

adb shell wm size 1280×800でデレステ立ち上げて

adb shell wm size 5120×3200で撮影。

 というものを発見。

 

少しだけAndroidSDKに触ってみる。

 

 

 

なんか基本的な情報がWindowsばっかなので、

 

ryo.nagoya

 

を参考にAndroidSDK導入。

Macを使います。

 

 

大体は上のサイトのように進めていく。

行きたかった。

 

 

インストール

Download Android Studio and SDK Tools | Android Developers

の"Download AndroidStudio for MAC"ってとこクリックして、

やってきたdmgファイル開くと、

 

f:id:nezumitori:20160307205238p:plain

 

あれなんか分かりやすくなってる。

 

矢印の通り(というかいつも通り) .appファイルをApplicationsにコピー。

 

そして起動。

 

 

パス通す

参考元ではパス通す時に

$ export PATH=$PATH:/Applications/sdk/platform-tools

となってましたが、新しくなっているみたいなので無視。

 

 

公式サイトに載ってた方法を使う。

If you need to use the Android SDK tools from a command line, you can access them at:/Users/<user>/Library/Android/sdk

 

つまりこれを入力。

$ export PATH=$PATH:/Users/hogehoge/Library/Android/sdk/platform-tools/ 

 

 

 

入力した時点でadbが使えるようになるけど、ターミナル起動のたびにいちいち入力したくないので、bashに書き込んでおく。

 

参考元もそうしていたし。

違うところはエディタはvim使うので、

$sudo vim .bash_profile

としたこと。

 

エディタなんてどうでもいいけど。

 

 

そして中に

export PATH=$PATH:/Users/hogehoge/Library/Android/sdk/platform-tools/

 

を書き込んで終わり。

 

 

パスが通ったかはadbを入力。

 

$ adb

 

実行後に、

Android Debug Bridge version 1.0.32

Revision 09a0d98bebce-android

 

-a                            - directs adb to listen on all interfaces for a connection

 -d                            - directs command to the only connected USB device

                                 returns an error if more than one USB device is present.

 -e                            - directs command to the only running emulator.

                                 returns an error if more than one emulator is running.

 

(中略)

 

  ANDROID_SERIAL               - The serial number to connect to. -s takes priority over this if given.

  ANDROID_LOG_TAGS             - When used with the logcat option, only these debug tags are printed.

  

と長い長い文字列が出て来れば終わり。

 

 

まとめ

 

  1. 公式サイトでandroid-studio-ideを入手する。
  2. .appファイルをApplicationsにコピー
  3. export PATH=$PATH:/Users/hogehoge/Library/Android/sdk/platform-tools でパスを通す。
  4. .bash_profileに3.を書き込む。

 

 

続く

 

 

 

AndroidSDK開発のレシピ第2版

AndroidSDK開発のレシピ第2版