日々の雑記

自分がやったことを記録するの。

ガルパンふぉーでぃーえっくす。

 

本編見た事ないけど再び上映されるってんで見てきたよ。

ガルパン自体の知識はないです。

雪歩っぽい子が主人公ってことぐらいは知ってる。

 

 

始めに

4DXは、映画を鑑賞するという枠組みを鑑賞から経験に変えることで、まるで映画の中いるような体験型映画を提供する次世代の映画館です。
4DX館は、4DXの特徴を支えるモーションチェアと特殊機器の搭載で埋め尽くされています。
4DXモーションチェアは、ヒーブ(上下への動き)、ロール(左右への動き)、ピッチ(前後への傾き)の3つの基本的な動きを備えています。
モーションの組合わせの無限の展開により、4DXモーションチェアは、鑑賞者がまるで映画の一部であるかのような雰囲気を創りだします。
独自にデザインされた多感覚に訴える環境効果(ミスト、エアー、風、嵐、煙、香り、雨、および雪までも)が、映画のスクリーン上のアクションとの完璧なシンクロを作り出します。
それぞれの機能が組み合わされることで4DX鑑賞者は息をのむまるで映画の中にいるような感覚で楽しむことが出来ます。

 

4DX|イオンシネマより引用。

 

 

感想

何分初めて見たので、戦車ってあんなに動けるもんなのかという感想を持ちました。

 

いろんなところで話題になっているし、ただ女の子と戦車組み合わせるんじゃなくて真面目に戦車乗ってると聞いてはいたんですけどね。

エスカレーター走行とか、戦車踏み台にしてのジャンプとかわけのわからない機動力などなどを見るとそんな感想持っても仕方ないよね。

 

そしてね。4DXだからすごい揺れるの。

しかも戦車の動きに合わせて。

 

初めにCVキタエリのキャラが茶柱がどーのこーの言ってる時に「あー確かに揺れるねー」とか「ほー砲撃の反動とかもくるんだー」とか「耳元からなんか空気きたー」とか初4DXで内心はしゃいでいたけど、すぐ後のオープニングというか最初のスタッフ紹介で、一台一台戦車が通るのに合わせて微妙に揺れ方変えてくるのよね。しかも映像と振動がリンクしているし。実際の戦車がどういうもんかは知らないけど、芸が細かい!

 

振動に関して欲を言えば、ドリフト時にもうちょっと慣性というか圧力感?が欲しかった。

こういったことは個人差かもしれませんが水のON/OFFが選べたので、振動の強め弱め、本映画館では責任を取りません位の強さとか選べれば良かったのに。それじゃ周りの人に迷惑か。調整難しそうですね。

 

あ、排気熱とかはいいです。最近暑くなってきたから。

 

入浴のシーンとかで泡が出てきたり、スモークとかの演出もあったんですけども、前の方の席からだけで前の方の席いいなーとか思ったんですけど、劇場によって違うのかな?

後ろの方の席取っていたので泡と煙ではしゃげなかったのが少し残念でした。

 

でも雨とかはしっかり降るのな。水たまりバシャーで前から水くるのは良かったです。

 

 

 

 どうでもいいけど女の子の香りがする香水って調べると出てくるんですね。

気になったけど女の子の匂いがどんなものか比較しようがないからいいや。

 

 

そしてラストのセンチュリオン?戦でもうすっごい揺れるわけですよ。

走行の揺れに加えて、旋回・砲撃ともうやりたい放題!

しかも映像とリンクしていてすごく楽しかったです。

 

 

映画のストーリー自体については特に何も。廃校阻止したけどまた廃校の危機が迫ってきたんだー。ふーん。ぐらい。

 

でもアクション映画としてみるとすごいね、あれ。ほんと。

戦車見るために来たいぐらい。

 

やばい。フィルムが引きのよくわかんないやつだったこともあってもう一度行きたくなってきた。

 

5/31までだよね。

参考:http://girls-und-panzer.jp/theater.html

 

まだいけそうなのよね。どうしようかね。

フィルムは流石になくなっているかもだけどね。

あぁ最前席陣取ってシャボン玉まみれになりたい

 

 

Macと私の図。

 

 

 

最後にガルパンはいいぞという言葉を理解しました。

 

勢いだけで書いて整理してないけどもすぐ記事にします。

 

ちょっと時間があればTV版も見てみたい!と思うくらいには引き込まれましたね。ガルパン

 

終わり