日々の雑記

自分がやったことを記録するの。

聖の青春見てきた。

satoshi-movie.jp

 

見てきたので。

 

ストーリー(公式コピペ)

1994年、大阪。路上に倒れていたひとりの青年が、通りかかった男の手を借りて関西将棋会館の対局室に向かっていく――。
彼の名は村山聖[さとし](松山ケンイチ)。現在七段、“西の怪童”と呼ばれる新世代のプロ棋士だ。聖は幼少時より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、無理のきかない自らの重い身体と闘いながら、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指して快進撃を続けてきた。
そんな聖の前に立ちはだかったのは、将棋界に旋風を巻き起こしていた同世代の天才棋士羽生善治東出昌大)。すでに新名人となっていた羽生との初めての対局で、聖は必死に食らいついたものの、結局負かされてしまう。
「先生。僕、東京行きます」
どうしても羽生の側で将棋を指したいと思った聖は上京を希望し、相談を持ちかける。先生とは「冴えんなあ」が口癖の師匠・森信雄(リリー・フランキー)だ。聖は15歳の頃から森に弟子入りし、自分の存在を柔らかく受け入れてくれる師匠を親同然に慕っていた。
体調に問題を抱える聖の上京を家族や仲間は反対したが、将棋に人生の全てを懸けてきた聖を心底理解している森は、彼の背中を押した。
東京――。髪や爪は伸び放題、本やCDやゴミ袋で足の踏み場もなく散らかったアパートの部屋。酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、同時にその強烈な個性と純粋さに魅了され、いつしか聖の周りには彼の情熱を支えてくれる仲間たちが集まっていた。
その頃、羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成する。
聖はさらに強く羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして一層将棋に没頭し、並み居る上位の先輩棋士たちを下して、いよいよ羽生を射程圏内に収めるようになる。
そんな折、聖の身体に癌が見つかった。「このまま将棋を指し続けると死ぬ」と医者は忠告。しかし聖は聞き入れず、将棋を指し続けると決意。もう少しで名人への夢に手が届くところまで来ながら、彼の命の期限は刻一刻と迫っていた…。

はじめに

羽生さん役の東出昌大さん、すげぇ似てるなって思いました。

 

f:id:nezumitori:20161123214336p:plain

そっくり過ぎる! 映画「聖の青春」、羽生善治役は東出昌大 七冠達成時のメガネを実際に着用 - ねとらぼ

から引用。

 

役作りで体型を整えてきた松山ケンイチさんもすごいですね。

爪とか髪とかまでは流石にやってないでしょうけども。やってないですよね?

 

 

感想

PVというか予告編でノンフィクションとか言ってたけど、映画の最後に「一部フィクションがあります」表記があったので、映像映えさせるために一部盛ったところがあるんでしょうね。

 

原作あるみたいだけど読んでないから、映画のみの感想。

 

行き倒れみたいにゴミ捨て場で寝ているところから、おじさんに将棋会館まで運んで行く所から始まる。

おじさん「あいつ(村山聖)何者なんだ?」

みたいな反応していたけど、

普通将棋に限らず、プロが行き倒れているわけないですよね。

将棋会館で働いてるバイトか何かとか思ってたんでしょうね。

 

そんな将棋指してるカッコイイ場面から一点、漫画読んで自分の祝賀会に遅刻したり、酒のんで色んな人に喧嘩ふっかけると割りとやりたい放題な村山聖

爪も伸びているし、部屋も汚いしでダメ人間ですね。

 

まぁそんな彼ですが、どんなことでも一番でありたいという考えであったり、昔使っていた将棋の駒をいつまでも残しておいたりと言った点、

なにより自分が病気になってしまったことを嘆くわけでなく、むしろ病気であったために将棋と出会あうことができたという考え方がとても好感が持てました。

 

なんというか病気も自分の一部として、余命が僅かだからと自棄になることもなく命がけで生きている姿こそが素晴らしく彼の魅力なんでしょうね。

 

こういった彼の人間性の一部を知ることができるのがノンフィクション作品のいいところだよね、うんうん。

 

対局については、あの扇子開閉やメガネ拭きをしつつも汗を流しつつ盤面を睨む演者さん方の鬼気迫る迫力や、ときおり響き渡る駒音が非常に良い。

それでまぁ、対局の戦況については一手指した後の周りの反応で好手・悪手・妙手を表現する方法がやはり一番いいんですね。

この表現で、囲碁わからなくてもヒカルの碁を楽しめたし間違いない。

 

見せ方って大事よね。

そうしないと淡々と指してる様を見せることになるからね。仕方ないよね。

 

いつぞやの渡辺明vs羽生善治戦みたいなリアクションは面白いかったです。

www.nicovideo.jp

 

 

また、羽生さんとサシで飲む所とか森師匠江川さんたちとの話とか見どころはありますがこの辺で。

 

最後に

作中に出てくる棋士名鑑アンケートの

Q:将棋で人間はコンピュータに勝てなくなる日が来るか?

という質問で第二期叡王戦で羽生さんが負けたこと思い出した。

ロボットアームと対峙する羽生善治さんが見てみたかったです。

www.eiou.jp

 

 

ちなみに、この質問に対する村山聖さんの答えは「来ない」でした。

 

ダラダラと書いたけどこれで終わり。