日々の雑記

自分がやったことを記録するの。

2017年 映画の感想

 

2017年にみた映画感想。

記憶が曖昧になりつつあるので書こうかと。

 

※ネタバレ多めです。

 

 

 2016年

nezumitori.hatenablog.jp

 

 

nezumitori.hatenablog.jp

 

 

nezumitori.hatenablog.jp

 

 

nezumitori.hatenablog.jp

 

はじめに

今のところ

  1. 3月のライオン(前後編)
  2. 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 
  3. パワーレンジャー
  4. カーズ/クロスロード
  5. 劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング 宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲
  6. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

の6作品くらい見てる。

 

流石に6作品は長いかもしれないけど、 あまりにもブログ更新してないからまとめて書こうと思います…。

 

心が叫びたがっていたけど時期を逃した。

見に行こうか、どうしようか。

 

 

3月のライオン

www.3lion-movie.com

原作見ているんで、内容は知っている。

※原作読んだ上での感想です。

 

 

この作品って、原作だと序盤は主人公のモノローグが多めなんです。

なのに映画序盤で主人公の桐山零(神木隆之介)があまりにもしゃべらない。

原作見ているもんでどんなこと考えているかは大体覚えているんですけど、未読の方からするとひたすら将棋盤に向かっているだけに見えたんじゃないだろうか?

 

結構将棋以外のこと考えているんですよ、彼。

 

 

内容としては、ひなたのいじめの話を交えつつ、新人王戦まで。

わりと序盤は原作に沿って進んでいたかと思います。

中盤から本筋には沿っているけどちょいちょいエピソード挟んでいっていく感じでした。

 

原作と違う点として、後藤さんがよく話に絡みます。

この後藤さんがやたらとカッコイイ。

 

原作だと島田さん大好きなんですけど、映画の後藤さんは非常によかったですね。

このあたりのオリジナル展開は良かったと思います。

79角のところで藤本棋竜とか出しても誰あんた?ってなるもんね。

 

個人的には野球少年の高橋くんが絡まなかったのが不満。

川本家、林田先生といったメイン以外だと、彼がはじめに桐山くんを理解してくれていたから。

 

まぁ、ひなたいじめのときに名前だけ出てきたんですけどね……

高橋くん。名前出演おめでとう。

 

あと、この映画で初めてスミスさんの本名が三角だということを知った。

 

 

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 

www.conan-movie.jp

 

推理パートよりもアクション多めだった印象。

 

 

序盤にパラボラアンテナぐるんぐるん回り始めたときに安心するくらいにはコナンだった。

やっぱ謎爆発に巻き込まれて、どうにか脱出するのが映画コナンだよね。(偏見)

 

平次兄ちゃんの「殺すで」がかっこよかった。

というか平次が主人公だった。

 

 

パワーレンジャー

www.power-rangers.jp

いつもどおり前情報調べずに、見に行ったので日本特撮のように

戦闘多め、さらにハリウッド版なのですごい派手なんだろうかとか思ってました。

 

実際は

ドラマパート>生身アクション>ロボアクション>変身後アクション

くらいの分量でした。

 

途中でアクション少ないやつだなと切り替えたので問題ないですけど。

 

ちなみに変身後のシーンは最後の最後で少し出てくるだけです

基本的にドラマパートが大部分を占めていて、特訓パートがそれに続きます。

 

ハリウッド版の特撮だからか、ロボ戦というかラストのバトルが派手でした。

けれど、アクション系の映画というよりは人間ドラマを見にいくつもりで見たほうが良いと思うのでした。

 

こういう作品は好きです。

 

最後に…

先代のパワーレンジャーがリタに負けた原因がわからない。

現代のパワーレンジャーが変身した後の戦闘から考えると。

 

カーズ/クロスロード

www.disney.co.jp

 

今年見た中では一番良かったんじゃないかなぁ?

 

序盤に主人公のマックイーンがストーム(次世代レーサー)に負けるんですが、

そこからなんだかんだあって、ラストにリベンジする話だと思ったけどそうじゃなかった。

 

そうくるかという感じ。

 

途中までは特訓してたんでマックイーンが走るもんだと思ってたんですけどね。

ラストのレースで、マックイーンはクルーズ(マックイーンの教官+ヒロイン)にバトンタッチ。

 

ベテランレーサーの再起ストーリーだと思ったら、次世代の若者に夢を繋いでいくお話でした。

 

引退後のマックイーンはクルーズの指導者になるのでした、と。

自分の限界というか引き際を知って、新たな道を歩く。素晴らしい話でしたし、

キレイにまとまった作品でした。

 

加えて、話としては劇中に起こったエピソードを丁寧に回収しているし、セリフも良い。本当にストーリーに文句はつけようがないんですけど、

やはりベタにマックイーンに勝ってほしかった気持ちはある。

 

話としては理解できるんですけどね…

もっと大人になろうと思います……。

 

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング 宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲

ex-aid-kyuranger.jp

キュウレンジャー:隕石をそらしても地球がヤバイ。

エグゼイド:ムテキが本当に無敵。

 

私、キュウレンジャーは見ていませんがグリーンの娘可愛いですね。

キャストブログ|宇宙戦隊キュウレンジャー | 大久保桜子

 

親子ともに楽しめるようにか、所々にネタを散りばめていたように思います。

エグゼイドと枠取り合っている関係上、非常にテンポが良く、かと言ってムダがないので安心して見られた気がします。

 

個人的には、最初のバイクアクションで、

「あ、最近のライダーよりライダーしてる!」ってなりましたけどね。

 

 

続いてエグゼイド。

こっちも録画だけしといて、全く見ていなかったんですが映画前に1話から最新話まできっちり見てやりました。

ついでにアマゾンズもシーズン1,2みてやりましたよ。

 

内容を踏まえてみると、VR空間での飛彩先生が本当に楽しそうで…。

あれなら世界で一番のドクターになれますね。

個人的に飛彩先生には幸せになって欲しいので、本編でも救いを与えてください。

 

神は自らを立てにすることができる人(バグスター)になっているし、バガモン社長も立派になっていて。

花屋先生もバグスター専門のドクターとして復帰しているみたいで、エンディングとしては良いと思いました。

 

それなのに、ビルドさんは何やっているんでしょうね?

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

www.uchiagehanabi.jp

最近見たので記憶が新しい。

 

 

なおこの作品は映像、音楽を楽しむ作品です。

話を理解しようとしていた私は終わった瞬間、変な笑いが出ました。

 

話のタネとか怖いもの見たさでみるならよいし、曲はいいので映画見るお金でCD買うでもいい。

 

とにかく作品の楽しみ方を間違えると痛い目にあうことを教えてくれた良作です。

打上花火 (初回限定盤)(CD+DVD)

打上花火 (初回限定盤)(CD+DVD)

 

 

 

ちなみに横から見るとどうなるのかという人用↓

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

「君の名は」みたいな話を期待してたので、あえて君の名はで例えるなら、

ラストで瀧と三葉が電車でお互いの姿を確認しました

というシーンで終わる感じ。

 

坂までいかない。

 

その後どうなるんでしょうね?というのを受け手に委ねる作りです。

 

 

内容についてですが、

ヒロインが拾った球を主人公が投げるたびにifの世界(もしあのとき、ああしていればの世界)に飛ばされる。

 

ただしあくまでifの世界なので、花火が変な形になったり、列車の線路が不自然に切り替わったりする。

 

要は、玉投げるたびに非日常空間に飛ばされていく、という解釈でいいんでしょうか。

 

序盤、主人公の友人くん(CV.宮野真守)が「なずな好きだ〜」と言う割に、なずなに祭りに誘われてもすっぽかすところで、

実は彼もまたif世界を渡り歩いたけど、周りから逃げ切れなくて諦めた

→元の時間に戻って主人公へバトンタッチ。

みたいなことをやっていたのかなとか考えていたけど。

 

玉投げても記憶引き継いでいるみたいなんでこれはないんですよね。

しかも最終的に「なずな好きだ〜」ですし。

砕けた球の破片の中になずなといちゃついているifがあったんで、彼も可能性ないわけではないとは思うんですけど。

 

いや本当に、友人くんが約束すっぽかす理由がわからない。

なんならなずな以外のキャラの名前もわからない

作中で名前をよく呼ばれていたので、なずなは覚えた

 

ラストで主人公たちはどうなったんでしょうね?

ifの世界で二人仲良く暮らしました〜なわけないでしょうし。

 

 

この作品を好意的に解釈しているところを探そうと思います。

納得が欲しい。

 

最後に、

  • 水と花火のきれいな映像が見たい。
  • キャストのファン
  • このなずなって子可愛いね!

という人は見に行っていいと思います。

 

個人的には、演者さんの演技は気になるほど酷くなかったと思うので。

逆に面白い話が見たい人は見ないほうがいいですね。(体験談)

 

 

個人的には、ナレーター:種崎敦美に反応してしまった。

そんな作品でした。

 

これだけ長くなったな……。